English

この研究グループでは、地球規模・領域規模の水循環(蒸発ー水蒸気輸送ー降水の流れ)、アジアモンスーン地域の雨や雲の気候変動(洪水/干ばつ)、地表面状態による降水特性への変化(大気陸面相互作用)、地表面改変による地域気候への影響などを対象として気象・気候現象や気候変動の研究しています。

気象や気候現象を調べるために、地上観測データ(日本ならアメダスなど)、衛星リモートセンシングによる地球観測データ(TRMM/GPMなど)、再解析データ(JRA55など)、気象・気候モデルによるシミュレーションなどを用いて研究しています。

日本では、日本海側の雪、関東の気温・豪雨、アジアモンスーン域では、タイの洪水などの東南アジア、南アジアの雨や熱帯低気圧(台風など)を対象に研究しています。アジアモンスーン地域では、エアロゾルなどの大気汚染物質と雲・雨との関わりなども研究対象です。アジアモンスーンの 降水変動は、日本の気候にも影響することが知られているため、重要な研究対象です。

image_rainbow image_cloud image_thunder image_star image_storm image_rainbow image_sunset image_snow

News


過去のニュースへ

2017.4.3
大学院生(博士前期、博士後期)募集
大学院生(博士前期、博士後期)募集中です。気候システム研究グループでの研究を希望される方は、高橋(hiroshi3 -at-tmu.ac.jp)に事前にご相談ください(遠方の方で、研究室訪問が難しい方は電話などでも対応します)。
大学院説明会が6月3日(土)に予定されていますので、そのあたりまでを目処にコンタクトをとってください。
大学院は、首都大学東京 都市環境科学研究科 地理環境科学域気候学研究室)を受験していただきます。

2017.4.3
研究員募集
日本学術振興会(JSPS)の特別研究員(PDなど)に、本研究室を受け入れとして応募したい方を募集しております。興味のある方は、下の連絡先までご相談ください(学内締切5/11)。 [JSPS]

2016.12.5
New paper was published.
Sugimoto, S. and H.G. Takahashi, 2017: Seasonal differences in precipitation sensitivity to soil moisture in Bangladesh and surrounding regions, Journal of Climate. [Web Page]

2016.9.15
New paper was published.
Takahashi, H.G., 2016: Seasonal and diurnal variations in rainfall characteristics over the tropical Asian monsoon region using TRMM-PR data, SOLA (Scientific Online Letters on the Atmosphere), 12A, 22-26, doi:10.2151/sola.12A-005. (Accepted on August, 2016). [Web Page]

2016.9.12
New paper was accepted.
Ono, M., and H.G. Takahashi, 2016: Seasonal transition of precipitation characteristics associated with land surface conditions in and around Bangladesh, J. Geophys. Res. Atmos., 121, doi:10.1002/2016JD025218. [Web Page]

2016.9.6
New paper was accepted.
Adachi S.A, F. Kimura, H.G. Takahashi, M. Hara, X. Ma, and H. Tomita, 2016: Impact of high-resolution sea surface temperature and urban data on estimations of surface air temperature in a regional climate, J. Geophys. Res., 121, doi:10.1002/2016JD024961. [Web Page]

2016.9.1
東北と北海道に大きな被害をもたらした台風10号について、記録的な大雨に発展した要因に関する、高橋洋のコメントが毎日新聞に掲載されました。

2016.6.21
NEW PAPER
Shiori Sugimoto and Hiroshi G. Takahashi, 2016: Effect of Spatial Resolution and Cumulus Parameterization on Simulated Precipitation over South Asia, SOLA (Scientific Online Letters on the Atmosphere). [Web Page]

2016.6.1
高橋洋の研究「東京の気温変動への近海の影響と地域規模の水蒸気温室効果」が,the Tokyo U-club「都市に関する研究奨励賞」において優秀賞を受賞しました。

 

Contact

〒192-0397 東京都八王子市南大沢1-1 プロジェクト研究棟303号室
首都大学東京大学院 都市環境科学研究科 地理環境科学域
高橋 洋
E-mail: hiroshi3~at~tmu.ac.jp